之にて解決!

時効の援用について詳しく解説!

安全な借金の仕方について

安全な借金の仕方

借金をする時には、消費貸借契約を締結しますが、当事者の合意で利息額や返済期限、借金の額を設定することができます。
そのため、安全にお金を借り入れるためには、契約内容をきちんと確認しておくべきでしょう。
法律的には、この合意の内容を契約書に残しておく必要はありません。諾成契約であるからです。しかし、通常、紙に残しておかなければ、裁判に訴えた場合でも証明することができなくなるため、契約書の形で残されます。ここに、注意すべき点があるのです。
もし、記載内容が、実際に交わした契約と異なっていたとしても、契約書があれば、債権者の側に有利です。もし、裁判になったとしたら、裁判所は証拠を見て、その金銭消費貸借の存否を判断しますが、不審な点がなければ、その債務の存在を書庫によって認定します。
債務者は、別の手段でその証拠を覆さなくてはならなくなりますが、これは容易ではありません。
したがって、安全にお金を借りるためには、よく契約書を確認しておきましょう。

借金の法律的な性質について

借金をするということは、元本を借りて利息を返済するということです。この関係は、法律によって強制力を持ちます。
具体的には消費貸借契約といって、民法に定めがあります。借金は、金銭を貸し付けて、それを自由に処分して、後にそれに相当する金銭を返還する約束をしたうえで貸し付けられるものです。
この時に重要なのは、返還約束の合意と、金銭を貸し付けるという点です。消費貸借契約は法律の分類では、実際に金銭を交付しなければならない要物契約とされているので、債権者は実際にお金を債務者に交付しなければ、法律的には有効になりません。
また、返還約束についての合意がなく、期限の定めがない金銭を貸し付けた時には、場合によっては贈与とされてしまい、借金の返還を求めることはできません。この点は、裁判で争いになったときに、証拠がなければ証明できない点です。
したがって、当事者は契約書を作成しますが、この契約所がなければ証明できないので、きちんと保管しておく必要があります。

注目サイト

実務者研修を受ける

最終更新日:2018/9/28

CONTENTS

『借金 法律』 最新ツイート

@utsunomiya_word

個別に相談に当たる一方で、借金で苦しむ人たちを生み出さないような法律改正が必要だと痛感し、その実現のために市民運動も開始しました。さまざまな抵抗勢力が立ちふさがってきましたが、長い時間をかけ、ようやく結実したのが、「新貸金業法」の成立でした。(著書『弁護士冥利』)

3時間前 - 2019年05月20日


@sagamigawar

【お知らせ】5月22日(水)午前10時より、法律相談枠をご用意しています。ご希望の方は事務所までご連絡下さい。神奈川県厚木市にある相模川法律事務所です。個人の方の借金相談は無料です。webでもご予約お受けできます。https://t.co/hvWRUVdPFF

3時間前 - 2019年05月20日