之にて解決!

時効の援用について詳しく解説!

安全な借金の仕方について

安全な借金の仕方

借金をする時には、消費貸借契約を締結しますが、当事者の合意で利息額や返済期限、借金の額を設定することができます。
そのため、安全にお金を借り入れるためには、契約内容をきちんと確認しておくべきでしょう。
法律的には、この合意の内容を契約書に残しておく必要はありません。諾成契約であるからです。しかし、通常、紙に残しておかなければ、裁判に訴えた場合でも証明することができなくなるため、契約書の形で残されます。ここに、注意すべき点があるのです。
もし、記載内容が、実際に交わした契約と異なっていたとしても、契約書があれば、債権者の側に有利です。もし、裁判になったとしたら、裁判所は証拠を見て、その金銭消費貸借の存否を判断しますが、不審な点がなければ、その債務の存在を書庫によって認定します。
債務者は、別の手段でその証拠を覆さなくてはならなくなりますが、これは容易ではありません。
したがって、安全にお金を借りるためには、よく契約書を確認しておきましょう。

借金の法律的な性質について

借金をするということは、元本を借りて利息を返済するということです。この関係は、法律によって強制力を持ちます。
具体的には消費貸借契約といって、民法に定めがあります。借金は、金銭を貸し付けて、それを自由に処分して、後にそれに相当する金銭を返還する約束をしたうえで貸し付けられるものです。
この時に重要なのは、返還約束の合意と、金銭を貸し付けるという点です。消費貸借契約は法律の分類では、実際に金銭を交付しなければならない要物契約とされているので、債権者は実際にお金を債務者に交付しなければ、法律的には有効になりません。
また、返還約束についての合意がなく、期限の定めがない金銭を貸し付けた時には、場合によっては贈与とされてしまい、借金の返還を求めることはできません。この点は、裁判で争いになったときに、証拠がなければ証明できない点です。
したがって、当事者は契約書を作成しますが、この契約所がなければ証明できないので、きちんと保管しておく必要があります。

注目サイト



最終更新日:2019/8/1

CONTENTS

『借金 法律』 最新ツイート

@Asuuuuus6

ああ 借金の元本が減らない… 今の給料だと完済への道が見えない… 給料日が借金の返済日で、憂鬱…💔 法律的な知識がない人でも 『借金を減額』できます💡✨ 「膨れた借金で夜眠れない…」 なら一度𝗟𝗜𝗡𝗘💌来てみてください🌈… https://t.co/JFNcdBWGLD

1時間前 - 2019年08月26日


@dok1ncyan

❤❤ 借金の元本が減らない… 今の給料だと完済への道が見えない… 給料日が借金の返済日で、憂鬱…💔 法律的な知識がない人でも 『借金を減額』できます💡✨ 「膨れた借金で夜眠れない…」 なら一度𝗟𝗜𝗡𝗘💌来てみてください🌈… https://t.co/KPjKBEeiUU

2時間前 - 2019年08月26日


@shakinsoudan

【注意】闇金に強い法律家は「債務整理として」介入しますが、間違えてほしくないのは【闇金は自己破産では解決出来ない】というところです。 闇金解決できるのは法律家の交渉によるものです。 https://t.co/tybf5MQrb5… https://t.co/DaOpTeFYtv

5時間前 - 2019年08月26日